山河海空

自然から日常生活まで,独自の視点でみていきます.

オオキバナカタバミ 続々報:残念なことに定点観測場所の花は全部摘み取られていました

[caption id="attachment_360" align="alignnone" width="300"]オオキバナカタバミ オオキバナカタバミ開花中[/caption]

4/22の記事で定点観測しているオオキバナカタバミことオキザリス・ぺスカプラエの続々報ですが,その後何度か晴天時には開花,曇天,雨天時には閉花,そして葉は開花の状態をなんどか確認しました.一度も葉が閉じた状態は見たことがありません.散歩の度に定点観測を続けていたのですが,昨日残念なことに花が全部摘み取られていることを確認しました.

野草なので仕方が無いのですが,他にも咲いているところがありますので観測は他所で続けて行くつもりです.連休中はみな外に出て遊ぶので目立つ花は摘み取られてしまうのですね.

他の場所に咲いているオオキバナカタバミはまだ咲いているので,人が摘み取ったと判断できます.他の所に咲いているものも,概ね晴天時には開花,曇天,雨天時には閉花を観測していますので,この種の花と葉の特徴だと確認できました.花の開閉が光量によるものか気温によるものか双方の影響かを確認したいと考えています.これから夜間も温度が下がらなくなるので,いままで同様に開閉をするのかどうか確認するのが楽しみです.

今回のことを鑑みると野草を観察するには自宅で植えて摘み取られることが無い様にしないといけないのだということに気が付きました.突然消滅してしまうこともあるので,観測場所は数カ所みつけておかないといけない,と思いました.

ところで,先週まで咲いていたヒナゲシもだんだん花が落ち始めてだいぶ減ってきました.

今日はこれまで.ではまた.